So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

夏を満喫! [日々の泡々]

一昨年熱中症になってその夏中ずっと具合が悪かったのに続き、昨夏もやっぱり日中戸外へ出ると吐き気と呼吸困難を感じるのでおちおち外出できないうえに、病いでカラダが自由にならなくなって、いったいどうなってしまうんだろうと先行きをずいぶん悲観もしたけれど、一年弱の服薬治療でようやく薬が効いたのか、病いの方はことしになって状態が徐々に好転。いまでは日常生活にほとんど支障がないくらいにカラダを動かせるようになり、加えてこの夏はまだ暑さに負けていない。ほんとうにほんとうに涙が出るほどうれしい!

 そんなわけで、ためしに羽田空港までおよそ10キロのウォーキングを試みてみた。ただし一番陽の高い時間帯は避けたので、歩き始めは午後3時半。目標は2時間で羽田空港国際線ターミナルに歩き着くこと。具合が悪くなったらバスでもタクシーでもひろって帰ればいいんだから、と歩くこと2時間半。時間は大幅に超過してしまったけれど歩き通すことができた!歩けば歩くほどにもっともっと歩けそうで、いい気になって歩いた!とちゅう呑川にかかる橋から眺めた空に虹をみつけてますます気をよくして歩いた!うーん、夏を満喫!

                DSCN2086.jpg
            わたしの心にも虹!


nice!(0)  コメント(0) 

ことしもお世話になりました [夏フェス]

DSCN2068.jpg

ここ3回続けてお世話になっている宿、というかペンションは、宿からシャトルバス乗り場までが1キロ(炎天下を10分は、今や楽々とは歩けない)、そこから会場まではシャトルバスで30~40分程かかり、フジロック的には決して条件いいとはいえない立地でありながら、それを補って余りある素晴らしい特典があるのだ。

例えば、宿を一人で切り盛りしている朴訥そのものなご主人の人柄や、自家栽培した野菜や自家製ジャムを使った朝食と、ホーローのポットでたっぷり供される淹れたてのコーヒー(朝の一杯が最高です!)。宿の隅々まで響きわたるワグナーが目覚し代わりの起床(クラシック好きなご主人の粋なはからい?)に、クーラーなんてものは必要ないから、一晩中開けっ放しの窓越しに、ザァァァと勢いよく流れる川音と、ときおり混ざるクルルックルルッというカジカの鳴き声を聞きながら、なんとも安らかな心持ちで眠りに落ちる夜更けなどなど。今やここに泊まることは、フジロックの楽しみの4割ぐらいを占めているかもしれない。

「ことしはずいぶん遅い到来ですよ」と、宿の玄関に作られたツバメの巣から、ピィピィとヒナがもの欲しげに鳴くのを眺めながらおしゃべりしたところによれば、残念なことに、一人で切り盛りしているし年齢も年齢だし、来年からはこの時期もうお客さんはとらないとのこと。たしかにたいへんだろうなと思う。いくら客商売とはいえ、何もかも一人でする上に、何時に帰ってくるんだかわからない客たちを、お風呂の準備しながらほぼ一晩中起きて待っていてるわけだから。

このつぎフジロックに行くのがいつになるかは分からないけれど、そのときはずいぶん淋しい気持ちがするだろうなあ。それに新しく泊まるところも捜さなくては。なんだか迷子のように不安だ。
nice!(0)  コメント(0) 

This is the one I've waited for ♪ [夏フェス]

       DSCN2074.jpg 
    無事苗場から帰還。天気よし!体調よし!チームワークよし!で言うことなし!
  Ian, John, Mani and Reni, thanks for coming to FRF 2012!!!!xxx


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -